ROOT+BRANCH

ROOT+BRANCH

ルートアンドブランチ

醸造家のアンソニー・ソリスは、醸造の世界に⼊る前、もともとは歴史の教授になるつもりだったそうだ。

修⼠号を取得したその時、Threes Brewingのアシスタントとして働くことになったのだ。 「家族には頭がおかしいと思われましたよ」とソライスさんは冗談を⾔う。 今はもうその仕事には就いていないが、ソリスはコピアグの醸造所の名前とインテリアデザインを通じて、⾃分の歴史と哲学の「ルーツ」に敬意を表している。

Root + Branchという名前は、ソリチェの⼤学時代の歴史学の教授が、ハーバード⼤学の⼤学院に在学中にかつての同僚たちと⽴ち上げた⽂学グループと雑誌か らヒントを得たものだそう。

ビール通の⽅にも、新しいものを試してみたい⽅にも、IPAやダブルIPAなど、ホップを前⾯に押し出したクラフトビールのリストを作りだした。

「イーストエンドの農家と協⼒して、地元の果物でビールを熟成させたいと考えています」とSorice⽒は付け加えた。 「私たちはこの仕事に⼈⽣をかけており、バーで提供されるすべてのグラスに注がれるビールを⼤切にしています」とモーバン⽒。「この雰囲気を楽しみ、私たちがここでやっていることを感じ、アンソニーが作っているものをすべて探求してほしい。

https://www.rootandbranchbrewing.com/

CHECKED ITEM